ご葬儀について

ご葬儀全体の流れ

ご葬儀を執り行うにあたり、お葬式全体の流れとポイントのご紹介です。

死亡・受入連絡と書類手続

ご不幸が起きたら近親者に連絡を取り、葬儀を中心とした死後の事をどうしてゆくか相談しなければなりません。ご親族や縁者の方に最後の別れを惜しんでもらうため、すぐに納棺せずに安置いたします。
お顔は大きめの白布かガーゼで覆い、寝具は薄いものを用います。

  • 喪主の決定
  • 死亡診断書(死亡届)受領と提出
  • 家族・親族への連絡
  • 寺院・神社・教会などへの連絡
  • 遺体安置場所の選定
  • 死亡通知(新聞など)

葬儀場所・日時・規模の決定

死後24時間経たないと火葬できません。それを念頭に置き斎場の休みを避けて日取りを決定します。
※菩提寺の僧侶にはできるだけ早く都合を伺っておきましょう。
葬儀の規模を考える目安としては

  • 故人の社会的地位や知名度
  • 生前の交際範囲
  • 故人の遺志

を参考に世話役の方と相談して細かく検討しましょう。

  • 葬儀・告別式々場の決定と手配  式場(シティホールなど)/自宅/寺院/集会所/その他
  • 霊柩車の手配
  • 通夜・葬儀日時の決定
  • 規模の決定 ※会葬者の人数予測

通夜・葬儀・斎場行きの準備

弔問を受ける喪主は葬儀万端の事を取り仕切るのが困難です。
「世話役代表」を親族・知人の中から喪家の事情に詳しい方や葬儀に関する知識と経験が豊富な方に依頼しましょう。

※遺影写真の選定は、正面向きの写真であれば白黒でもカラーでも構いません。
背景を取ったり礼服姿に合成することも可能です。

  • 世話役・各係の決定と依頼
  • 遺影写真の選定と作成 ※2,3枚ご用意ください
  • 印刷物・粗供養などの手配と作成
  • 供花・供物の選定と手配
  • 進行・式次第の打ち合わせ
  • 喪服の準備(貸衣裳など)
  • ご遺族代表の挨拶者の決定
  • 焼香順位の決定
  • 席順の決定
  • 料理の手配と発注(通夜・当日
  • ご近所への挨拶
  • ご寺院様控室の確保・お布施の用意など
  • 駐車場や案内表示(道標)の手配
  • 斎場行きの人数・交通手段の確保と席順

通夜・葬儀前の確認

年配の方の中には焼香順を気にされる方がおられます。
当日になってあわてないよう、充分に話し合って決めてください。
一般の弔問客の焼香は到着順で差し支えありません。
※トラブルを避けるためにも決定前と決定後に一言お声を掛けておきましょう。

  • 世話人最終打ち合わせ(進行・式次第について)
  • 弔辞・弔電(順位)の確認
  • 焼香順の確認
  • 席順の確認
  • ご遺族代表挨拶の確認
  • ご寺院様への挨拶
  • 受付・焼香台の確認
  • 会葬礼状・粗供養の用意
  • お茶・おしぼりの用意

葬儀・告別式

「葬儀」は遺族・親族・特に縁の深い人達が冥福を祈る儀式で、「告別式」は一般の方が別れを惜しむためのものです。
通常は同時に進行して行きます。

  • 会葬者の受付を行います
  • 一同着席、開式
  • 読経、焼香に入ります
  • 閉式
  • 故人と最後のお別れをします
  • 喪主または親戚代表の挨拶を行います

斎場行きの確認

最後のお別れとなるため気分も高揚しがちですが、火葬許可証など法律的な事柄もありますので確認はしっかりと行いましょう。

  • お持ちいただくもの  遺影写真/位牌/骨箱
  • 斎場行き・乗車位置の確認
  • 火葬許可証の確認 ※火葬(埋葬許可証の受領

火葬が終わった時点で「火葬許可証」に終了日時が記入され「埋葬許可証」として返却されます。これがないと納骨、埋骨が出来ません。

精進落とし

「精進落とし」とは、葬儀に関してお世話になった人々に対し、感謝の気持ちをこめてもてなす宴、という意味合いが強く、遺骨迎えをすませた日に行うのが普通になっています。
→宴席のお料理ご紹介はこちら

葬儀の後

葬儀が終って、ついホッとしがちですが、事務の引継ぎや挨拶まわり、香典返しなどが残っております。
世話役や弔問客の方に礼をつくして、一応の終了と考えるようにしましょう。

  • 挨拶回り
  • 法事の手配
  • 香典返しの手配
  • 仏壇・仏具の手配
  • 墓地・墓石の手配

※葬儀の後に必要な手続きとして、名義変更などの届出の手続き、お金の受け取り方の手続き、遺産相続に関する手続きなどがあります。 そのうち名義変更には期限が決まっていたり、死後なるべくすみやかに手続きするものと、遺産相続が確定してから手続きするものとがあります。

ページアップ